×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


『ねぇ、蔵馬? 明日って何か予定入ってる?』

「うん、ごめん。明日はちょっと出掛けてくるんだ。どうしても、外せない用事があってね」

『…そっか。わかった。…蔵馬も忙しいもんね』

「ゴメン。せっかく誘ってくれたのに」

『ううん、いいの。じゃあ、またね。おやすみなさい』

 

彼女からかかってきた誘いの電話を、オレは断った。

普段なら彼女からの電話を断るなんて事は絶対にしないのだが、明日だけは特別な日だ。

絶対に、外すわけにはいかない。

 

それでも、先程の電話での、彼女の悲しげな、落ち込んだ声がオレを縛りつける。

それでも無理をして明るくしようとしていた

それを思い出すと、胸が痛んだ。

 

―――すまない、ゆっこ。

 

でも、明日になれば、笑顔のキミに会えると信じているよ。

おやすみ、オレの大切なゆっこ…。






デート

 

 

 

今日は、私と蔵馬が付き合い始めて3年になる記念日。

今日は一日、蔵馬と過ごしたかったんだけど…。

 

どうしても外せない用事があるみたいで、今日は会えないの。

 

あーあ、蔵馬にとっては3年目の記念日なんてどうでもいいんだろうなぁ…。

 

そう思うと、なんだか悲しくなってくる。

記念日は二人で過ごそうと、密かに計画を立てていたのに。

でも、仕方ないよね。

蔵馬にだって、都合があるんだもんね。

それを見落としていた私に、文句を言う筋合いなんてないよね。

いつも、私の希望をかなえてくれてるんだもん。ちょっとくらい我慢しなくちゃ。

そう思ってはみたものの、出るのは溜め息ばかり。

こんなんじゃ、蔵馬に嫌な子だって思われちゃうよね。

「はぁ〜〜〜〜」

嫌になっちゃう。こんな私。

いつもは側にいてほしい時は必ず側にいるのに、今日はいない。

いつも側にいないわけじゃないのに。

今日だけなのに。

「…蔵馬のバカ…」

思わず声に出して八つ当たり。

「蔵馬が私の事を甘やかすからだよ。こんなに寂しくなるのは。バカ蔵馬…」

いない人に八つ当たりしてもしょうがないのにね。

決めた。

今日は不貞寝してやる!

携帯もバイブにしないでサイレントにして。

これでもかって言うくらい眠ってやるんだから!

…でも、寝るだけじゃせっかくの休日がもったいないような…。

やっぱり、散歩に行こう。

さっきの決断は何処へやら、私はそのまま家を出た。

街に出ると、休日ということもあって周りはデート中の恋人達が多い。

「はぁ〜〜〜〜」

やっぱり、家で寝てればよかったかな…。

……蔵馬のバカ…。

しばらくウロウロしてみたものの、心が動くことはなくて。

何をしても、何を見ても、蔵馬の事ばかり考えてる。

このしつこさには自分でも呆れちゃうよ。

私って、こんなにしつこかったっけ?

本当に、嫌になってくるよ。こんな自分。

でも、そんな気持ちとは裏腹に。

蔵馬は私にとって、それだけ大切で、欠かせない存在になっているんだと思い知る。

大好きなんだよ、蔵馬。

私がこんなに蔵馬の事を好きなの、ちゃんと伝わってる?

たかが付き合い始めて3年の記念日。

それでも、私にとっては大切な記念日なの。

絶対に叶う事はないと思っていた気持ち。

ずっと遠くから見て憧れていた相手に、受け入れてもらえた。

他にもたくさん、蔵馬に憧れていた人はいたのに。

他にもたくさん、蔵馬に告白した人はいたのに。

私なんかよりキレイな人、優しい人、スタイルのいい人、頭のいい人だってたくさんいた。

それでも蔵馬は、私を選んでくれた。

それがどれだけ嬉しかったか、言葉でなんて言い表せないくらい。

まるで夢のようで、涙でぐしゃぐしゃになった私を、蔵馬は優しく抱き締めてくれていた。

なかなか泣き止まない私を、何も言わずに、ただただ優しく包んでくれた。

最初の頃は、すぐに飽きて捨てられても仕方ないと思っていたけど。

一生この人と一緒にいたい。

何があっても、ずっとずっと、一緒にいたい。

そう思った。

蔵馬と付き合っていくうちに、蔵馬に会うたびに。

その気持ちは、どんどん膨らんで行く。

それくらい大好きな人と付き合って3年も経ったの。

だから今日は、私にとっては特別な日。

なのに、会えないことのショックが大きくて、せっかく街へ出て来たけど、なにもする気になれない。

私はそんな気持ちのまま家へと戻った。

どさっ

部屋に戻った私は、そのままベッドに倒れこんだ。

「蔵馬…」

一言呟いて、目を閉じる。

「…会いたいな…」

そうして、目を閉じてしばらくおとなしくしていると、いつの間にか意識が途切れてしまった。

どれくらい経っているんだろう。

気がつくと、外はもう真っ暗だった。

「寝ちゃったんだ、私…」

不意に窓の外を見つめる。

空には細い細い三日月が浮かんでいた。

星は、街灯のせいでよく見えない。

でも、この三日月…。

真っ暗な闇の扉を少しだけ開けて、一筋の小さな光が差し込んでいるみたい…。

コンコン

そんな事をボーっと考えていると、不意に窓を叩く音がした。

私の部屋の窓の横に、大きな銀杏の木があって、その枝が窓の下まで伸びている。

その先を視線で辿って行くと…

「蔵馬…!!」

びっくりして窓を開けると、蔵馬が木の枝に座って微笑んでいた。

「蔵馬、何でそんなところに…!」

「こんばんは、ゆっこ。今日は悪かったね。今日はあと2時間くらいしかないけど、これからオレに付き合ってくれる?」

「え?」

「来て、ゆっこ」

蔵馬はそう言うと、私の腕を引っ張って抱き寄せ、そのまま私を抱いて闇の中を翔んだ。

蔵馬の背中には、真っ白な羽…。

「蔵馬?! 何その羽! 何で羽が…。どこに行くの?」

「ふふふ。驚いた? この羽は本物の羽じゃないんだよ。魔界の浮葉科の植物さ。ほら、オレの身体をよくみてごらん? 蔓が何本も絡みついてるだろ? これは妖気を送り込むと送り主に巻きつき、羽のように広がって飛べるんだ」

「すごい! すごいすごいすごーい! なんか、まるで天使にでもなったみたい!」

「これから、もっといい所へ連れて行ってあげるからね」

「えっ?! どこ? どこに行くの?」

「それは企業秘密です。着いてからのお楽しみって事で」

そう言ってにっこり微笑む蔵馬。

それだけで、今まで沈んでいた気持ちが、穏やかに澄んでいって軽くなる。

そして、蔵馬にしがみついて、その胸に顔をうずめる。

「どうしたの? ゆっこ。…怖い?」

ふるふると首を横に振る。

「大丈夫? 具合が悪いなら少し休もうか?」

また、ふるふると首を横に振る私。

「ゆっこ?」

「ちがうの。すっごく嬉しいの! 今日は絶対もう会えないと思っていたから。蔵馬が来てくれてほんとに嬉しいの! 来てくれてありがとう、蔵馬。」

「どういたしまして。―――さて。そろそろ着くよ。降りるからしっかりつかまってて」

「うん!」

そう言って降りた先に見えたのは、森の中でまぶしいくらいに輝く、美しくライトアップされたオープンチャペル。

そしてその前では、森の動物たちが演奏会を開いていた。

「うわぁ〜〜!! なにこれ!! 絵本の中だけじゃないの?!」

「くすくす。オレが狐の妖怪だって忘れてもらっちゃ困りますね。ゆっこが喜ぶと思って、みんなに頼んでおいたんですよ」

「うそぉ?! すごいすごーーーーい!!」

「妖狐は元が狐だから、動物の言葉もわかるんですよ。妖狐の時限定ですけどね」

「本当に夢みたい! すごーーーい!!」

子供のように、すごい、すごいとはしゃぐ私の様子を見て、蔵馬は優しく微笑んで肩を抱き寄せ、頭を撫でながら口を開く。

「今日は特別な日だからね。この準備のために1日のほとんどを費やしちゃって、寂しい思いをさせてしまったけど。気に入ってもらえた?」

「もちろん!! こんな素敵な記念日になるなんて夢にも思わなかった! 私もいろいろ考えてたのに、蔵馬は会えないって言うし…」

「ふふっ、オレが今日の事を忘れてると思ってたの?」

語尾がだんだん小さくなる私に、くすっと優しく笑って尋ねられ、私はそれに素直に頷く。

「うん…。今日は付き合い始めて3年の特別な日なのに、会えないっていうから…。蔵馬にとってはどうってことない毎日の延長で、どうでもいいんだって思って…。そしたらとっても悲しくなって…」

「今日はオレにとっても特別な日だよ。それに、ゆっこと過ごす日は、いつだってどうでもいい日なんてありませんよ。オレは、ゆっこといる一瞬一瞬が、とっても大切で、とっても幸せですよ」

「ありがとう、蔵馬」

そう言って蔵馬に向かって微笑むと、蔵馬は私の肩を掴んで自分の方に向かせ、ぎゅっとその胸に強く抱きしめてくれた。

 

「愛してるよ、ゆっこ」

 

耳元で優しくささやかれたその言葉に、私も蔵馬の背中を抱きしめ、それに応える。

「…私も。…私も、蔵馬のこと…宇宙で一番愛してるよ」

「くすっ…ゆっこ。耳まで真っ赤だよ」

「うっ、うるさいよ、蔵馬。もう言ってあげないんだからっ」

「それは困るな。もう一度、ゆっこの口から聞きたい」

「だめだもん。もう言わないっ」

「くすくす…困ったな。機嫌直してよ」

「だめっ」

「……愛しいお姫様。あなたのその愛らしい口で紡がれる言葉で、一生貴女から離れないように縛ってください」

「何て言えばいいの?」

「愛している、と」

「…愛してるわ。本当よ。ずっとずっと、そばから離れないでね」

「御意。私の命は、貴女のために…」

くすくす…

どちらからともなく、笑いが漏れる。

「くすくす。プリンセス。ご機嫌は直りましたか?」

「ふふふっ、仕方ないから許してあげるっ! …ただし」

「ただし?」

「3年分のキスをくれたら、と言うのはどう?」

「仰せのままに」

蔵馬の顔がだんだん近づいてきて、私は少し背伸びをして。

蔵馬の唇が、私の唇に触れる。

触れるだけの軽いキスを繰り返し、だんだん唇が重なり合う。

愛しているわ。私だけの王子様。

このキスに誓うわ。

ずっとずっと、離れないって。

貴方もずっとずっと、私の側にいてね。

Fin



はい!いかがでしたか?くるみさんより頂きました私限定の夢小説です(#^_^#)
皆様は名前を自分の名前に脳内変換してお読みくださいまし!!
優しくてどこまでも甘い蔵馬です!本当に夢のようなひとときを味あわせていただきました^^
くるみさん、ありがとうございました!
(2007/6/1)